私が議院運営委員会の筆頭理事を務めていた頃の取り組みの一つに、参議院のペーパーレス化があります。

当時、参議院議員一人に一年間に配られる紙資料は、積み上げると、高さ96センチにもなりました。

こういった紙媒体の資料のデジタル化や資料配付の選択制を導入することで、1年間で1億7千万円の経費を削減できることが見込まれていました。

この度、参議院事務局より説明があり、令和2年度のペーパーレス化による経費削減額は、見込み額を超えた1億9761万4879円に至ったとのことでした。

新しい時代の参議院の歩みが進んでいきます。

【2019年10月29日の日本経済新聞電子版の記事です】

<<    >>
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法