公益社団法人 福岡県介護老人保健施設協会が協会設立30周年を迎え、記念式典が開催されました。 IMG_6509

IMG_6497

福岡県老人介護保健施設協会は、福岡県内の介護老人保健施設相互の協力創意により、高齢者等が自立して生活できるよう、 保健医療及び福祉サービスの質の向上の確保や調査研究を行い、地域社会の健全な発展を図り、県民福祉の増進に寄与することを目的とし、150の会員施設により構成される組織です。
地域包括ケアシステム構築のための取組みに於いて、医療と介護の連携や在宅支援の他、種々のサービスを提供し中心的な役割を果たされています。地域医療構想の策定が義務付けられた背景から、今後ますます需要が増加していくことが想定されます。

公益社団法人 福岡県介護老人保健施設協会 三根 浩一郎会長のご挨拶IMG_6502

私もご挨拶させていただきました。
皆様は、地域の身近な医療の専門家であり、国民の健康増進や保健事業の推進に大きく寄与して頂いています。IMG_6508
老健施設は、要介護者の在宅支援・在宅復帰のための地域拠点として、地域包括ケアシステム構築のためになくてはならない存在です。
2015年には地域包括ケアシステム構築の推進に関わる諸問題について、介護の視点から意見集約と課題解決に向けた提言を行うことを目的に、「地域包括ケアシステム・介護推進議員連盟」が設立されました。
私も「地域包括ケアシステム・介護推進議員連盟」の理事として国政の場から、皆様の活動のお役に立てるよう頑張ってまいります。IMG_6512

設立30周年、誠におめでとうございます。三根 浩一郎 会長と。IMG_6493

増田 住博 副会長と。IMG_6496

中村 重泰 副会長と。IMG_6494

来賓としてお越しの日本医師会 名誉会長・大家敏志 東京育志会 会長  横倉 義武 先生と。IMG_6495

<<    >>
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法