本日は、「地域の介護と福祉を考える参議院議員の会」を開催致しました。
司会進行は事務局長である私が務めます。

今回は現在厚生労働省において検討が進められている介護報酬改定について、検討状況の報告を聞いた上で、議論を行います。

はじめに、末松 信介 会長から開会のご挨拶を頂きました。
「10月末に公表された介護事業経営実態調査結果によると、令和元年度決算の介護サービスの収支差率は2.4%であり、厳しい経営状況にある。また、新型コロナウイルス感染症への対応も必要となり、事業所にも大きな影響が出ている」
「このような状況のなかで、本日は令和3年度報酬改定に向けた決議を行い、その決議内容の実現に向けて強く求めていく。」

DSC_0524

次に厚生労働省からご出席頂いた、土生 栄二 老健局長からご挨拶を頂き、続けて令和3年度介護報酬改定の検討状況についてご説明をいただきました。

DSC_0539

DSC_0577

ご出席の国会議員からも多くのご意見・ご質問が発言されました。

DSC_0547

DSC_0550

DSC_0569

議論が終局した後、私から皆様に「令和3年度介護報酬改定等に関する決議(案)」について申し述べました。

これまで介護現場の声を聞き、意見交換をしながら議論を深めてきました。
今、介護の現場に必要な内容を取りまとめ、決議案と致しました。

DSC_0583

本決議は、皆様からの了承を得て採択されました。
今後、菅 義偉 内閣総理大臣をはじめ関係大臣に向けて要請活動を行います。
また、明日は麻生 太郎 財務大臣へ決議文を申し入れることとなりました。

引き続き「地域の介護と福祉を考える参議院議員の会」として、強く求めて参ります。

<<    >>
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法