本日9:00から自民党の農林・食料戦略調査会、農林部会、農林水産災害対策委員会合同会議が開かれました。
会議では「被災者の生活と生業(なりわい)の再建に向けた対策パッケージ」の農林水産分野について政府から説明を伺い、意見交換を行いました。

DSC_0177

新型コロナウイルス感染症がいまだ猛威を振るう中で発生した、この度の豪雨災害は、広範囲の地域において、河川の氾濫や大規模な浸水被害、道路や鉄道、ライフライン、農業や観光業等の地域産業に甚大な被害をもたらしました。
こうした状況を踏まえ、避難所や住まいの確保、廃棄物・土砂の処理、中小・小規模事業者や農林漁業者の事業再開に向けて、一刻も早く手を打たなければなりません。

「被災者の生活と生業の再建に向けた対策パッケージ」は、被災地の皆様の生活と生業の再建に向け、緊急に対応すべき施策を取りまとめ、予備費等を活用し速やかに対応を進めていくためのものです。

DSC_0181

農林水産分野では
①土砂の撤去
②再度災害防止の観点を踏まえた復旧
③農業ハウス・機械、果樹等の再整備
④林野関係(林道の復旧整備、事前防災・減災対策等)、水産関係(土砂・流木の除去、水産業共同利用施設の再建・修繕、内水面資源増殖のための機器の修繕等)
などが盛り込まれています。

毎年の様に繰り返される災害に挫けず、一生懸命に農林水産業を支える皆様の心が折れることのないよう、災害への対応強化と生産性の向上等を一体的に進め、速やかな生業再開まで継続してフォローさせて頂く取り組みということです。

DSC_0185

福岡県は豊かな漁場に囲まれ、多種多彩な作物が採れ、美しい緑が映える、自慢のふるさとです。
それぞれの現場で働く皆様が今までの生活を取り戻し、そしてより強力な災害対策の整備に向け、スピード感を持って引き続き取り組んで参ります。

農新水産省では、農林漁業者の皆様が1日も早く経営再建できるように、農林水産関係被害への支援対策を取りまとめ、対策のポイントなど取りまとめた資料を作成しています。こちらもご活用下さい。

◆令和2年7月豪雨に係る支援対策のポイント

◆大雨等により被災された農林漁業者の皆様へ

◆令和2年7月豪雨による農林水産関係被害への支援対策について

<<    >>
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法