平成30年3月11日
自 由 民 主 党

 
本日、東日本大震災から7年を迎えました。亡くなられた方々に哀悼の意を表しますとともに、ご遺族の方々にお悔やみを申し上げます。また、被災された方々、いまなお避難生活を送っておられる方々に心よりお見舞いを申し上げます。
被災各地域では、着実に基盤整備が進んでいる一方、住民が戻り、かつてのようなにぎわいを取り戻すことができるのか、高齢化し、生活を再建できるのか、不安もまた増しています。改めて7年という月日の重さを痛感せざるを得ません。
地震による津波被害に加え、福島第一原発の重大事故が発生した福島県の方々は、いつ故郷に戻れるのか、いつ風評被害を払拭できるのか、困難と不安の中で日々懸命に生活しています。
自由民主党は、被災された方々、地域の現状を片時も忘れることなく、これまで、6次にわたる復興加速化の政策提言を行い、政府・与党一体となって復興に取り組んでまいりました。
これからも、大震災の教訓を決して風化させることなく、被災者の皆様に寄り添いながら、復興と東北の再生に全力を尽くしてまいります。

22050071_1426853007368214_5924225384717129553_n

<<    >>
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法