財政金融委員会の視察に参加致しました。

DSC00908

世界銀行東京事務所及び世界銀行 東京開発ラーニングセンター(TDLC)を視察致しました。

世界銀行(世銀)は、世界中の途上国にとって欠かせない資金源、技術援助機関です。
世銀はいわゆる一般の銀行とは異なり、貧困削減や開発支援を目的とした他に例のないパートナーシップです。
世銀グループは5つの機関で構成されており、その重要意思決定は加盟国が行います
P1150596

世界銀行 東京開発ラーニングセンター(TDLC)は、日本政府と世界銀行のパートナーシップに基づいて2004年に開始されたプロジェクトです。アジア大洋州およびその他地域における開発援助コミュニティーの中で、知識と経験の交換と共有(knowledge exchange (KE) and knowledge sharing (KS))を促進することを目的としているセンターです。

世界銀行 東京開発ラーニングセンターは、日本に蓄積されている途上国の課題解決に役立つ経験、世界銀行の専門知識を基盤として、アジア太洋州地域のみならず、アフリカ、南アジア、南米、さらに地球規模での知識共有を通じて極度の貧困の撲滅と繁栄の共有に貢献する活動を実施することを目的としています。

P1160679

P1160763

世界銀行事務所、国際通貨基金アジア太平洋地域事務所及びOECD東京センターから概況説明をお聴きし意見交換をさせて頂きました。

国連開発計画駐日代表事務所国際連合大学を視察致しました。

P1170101

国連開発計画(UNDP)は国連システムのグローバルな開発ネットワークとして、変革への啓発を行い、人々がより良い生活を築くべく、各国が知識・経験や資金にアクセスできるよう支援しています。
各国の常駐事務所で、UNDPの常駐代表は、通常、国連システム全体の開発活動の常駐調整官を兼務しています。
そしてUNDPは、開発活動全体の調整を通し、国連はじめ国際機関の開発資金を最も効果的に使えるよう尽力しています。

国際連合大学はグローバルなシンクタンクであり大学院の教育機関で、本部を日本に置いています。
国際連合大学の使命は、人類の生存、開発、福祉など国連とその加盟国が関心を寄せる緊急性の高い地球規模課題の解決に取り組むため、共同研究や教育を通じて寄与することです。
この使命を果たすため、国連大学は国連加盟国の世界を先導する大学や研究機関と連携をとることで、国際的な学術機関ならびに国連システム組織との架け橋という役割を担っています。
P1170127

<<    >>
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
公式サイトの確認方法